糖化 予防

肌本来がもつ力を最大限引き出す!

老化を促進する原因は「糖化」にあった。
糖化予防で肌本来がもつ力を最大限引き出す売れ筋人気アイテム大公開!

 

糖化とは

最近、老化を促進する原因の1つとして「糖化」が注目されています。

老化というと「酸化」が有名ですが、それよりも「糖化」の方が大敵だと言われているそうです。
その「糖化」とはどのようなことを言うのでしょうか。

 

簡単に言うと、たんぱく質と糖が結びついた「糖化たんぱく質」が、体の中に蓄積してしまうことです。
たんぱく質は、三大栄養素の1つで私達が生きていくために欠かせない栄養素です。
血液や筋肉など体を作る、生命維持に欠かせない酵素を作り出す、エネルギー源として使われるなどの働きがあります。

 

糖の働きとしては、主に体のエネルギー源です。
特に、糖は脳の働きに欠かせない成分で、糖が不足すると意識障害を起こすことがあります。
このように、私達の体に大切な栄養素なのですが、なぜ結合することで老化の原因となってしまうのでしょうか。

 

 

それは、糖化たんぱく質が変化していく過程にあります。
糖化たんぱく質は、酸化や脱水などの影響を受けながら「AGEs」というものに変化します。
これが作られる過程の中で、体の中の様々な組織にダメージを与えてしまうそうです。

 

例えば、活性酸素の生成や栄養成分の結合といった働きに対する影響です。
ダメージを受ければ、正常な成分が生成されませんよね。
それが、私達の体を老化させてしまうのです。

 

もう少し分かりやすく説明してみましょう。

 

 

食パンを連想してみて下さい。

焼いていない状態のフワフワの食パンが糖化のない状態です。

 

焼き過ぎて硬くなり黒く変色してしまったのが、糖化した状態です。
これが体の中で起こっていると思うと怖いですよね。

 

いつまでも若く元気に過ごすためには、「糖化」がカギとなることを覚えておきましょう。

 

糖化の原因

糖化 予防

「糖化」は、老化に大きく影響すると言われるようになりました。
この糖化とは、具体的にどのようなことが原因で起こるのでしょうか。

 

次に挙げる4つの主な原因をご覧いただき、あなたの現在の生活習慣と照らし合わせてみましょう。

 

 

 

「糖分の過剰摂取」
糖分は、私達の体になくてはならない栄養素であり、重要なエネルギー源です。
しかし糖分は、過剰に摂りすぎてしまうと、体が処理できなくなってしまいます。
糖化は、たんぱく質と糖が結合する現象であるため、体の中で消化しきれない余分な糖分がある場合は、糖分だけが蓄積し、糖化を進行させる原因となってしまいます。

 

「炭水化物の摂り過ぎ」
糖分と言えば、甘い食べ物を連想する方も多いでしょう。
しかし、私達が普段主食としているご飯などに含まれる炭水化物にも、糖分が含まれています。炭水化物は、糖質と食物繊維の組み合わせにより成り立っている栄養素です。
そのため、日頃から主食をしっかり摂るタイプの方は、糖分の摂り過ぎになっている傾向が強いと考えられます。

 

「肥満」
太り気味、もしくは肥満傾向の方は、日頃の食生活の中でカロリーオーバーになっている傾向があります。
前で挙げた糖分や炭水化物を好んで摂り過ぎていないでしょうか。
もしそうだとしたら、偏った食生活により、体の中に必要以上のたんぱく質や糖が蓄積され、糖化が進行しやすい状態を作ってしまっています。

 

「運動不足」
食生活以外でも、運動不足が糖化の原因として考えられています。
私達の体には、体を正常に保つために様々な働きや機能が備わっていますが、慢性的に体を動かさないとなると、体の代謝がスムーズにいかず、その機能が十分に発揮されないことがあるそうです。
また、日頃からストレスを抱えている方や、慢性的に疲れが溜まっている方にも同じことが言えます。

 

あなたの糖化をチェックしよう

糖化 予防

糖化の可能性がある方には、いくつかの傾向があります。
現在のあなたの生活状態と照らし合わせてチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

太っている(肥満傾向にある)

甘いものが好きである

味付けの濃いものが好き

間食が多い

清涼飲料水などの甘い飲み物を摂ることが多い

スナック菓子や飴などを好んで食べる

ご飯や麺などの主食類を、いつもしっかり摂っている

野菜が嫌い

夜食を摂ることが多い

早食いである

運動不足である、運動が苦手である

 

さて、いくつ当てはまったでしょうか。

 

もし、当てはまる項目が多い場合は、体の中で糖化が進んでいるかもしれません。
ご自分の生活のなかで、糖分を過剰に摂りすぎていないか、体が糖分を過剰に吸収してしまう環境を作っていないか、注意しましょう。

 

では、今のあなたのお肌の状態を確認してみてください。こんなことありませんか?

 

肌が黄ばんできた

肌のくすみが気になりだした

肌にハリがなくなった

肌のたるみが気になりだした

 

もし、該当する内容がありましたら、糖化によってお肌の老化が進んでいるサインです。
糖化が進むと、お肌もダメージを受けてしまうのです。

 

もちろん、加齢により、お肌の状態は年々変化していきますが、同年代と比べてご自分が老けて見られる機会が多いなと感じた場合は、日常生活と照らし合わせて、肌状態も時々チェックしてみましょう。

 


世界が認めた白井田七 糖化の予防 話題の抗糖化化粧品 酸化予防人気アイテム